2008年12月31日

立石神社の叉木の準備

11月30日(火)
立石神社叉木の準備
朝6時立石神社へ本郷ふるさと会の会員が集合
まだ、暗く車のフロントガラスは霜が降り前が見えない手足が冷たく冬らしい朝だ。材料を積み込み本郷入り口に集合作業を開始する。
本郷ふるさと会は平成元年に有志の会で立ち上げ当時10人くらいで材料を調達しみんなで立石神社のお祭りを盛り上げるため村おこしではじめた。初代会長は山口照雄さんで当時はみんな若さでいっぱいだった。あれから20年みんな年を取ったが気持ちはまだ当時のままだ。叉木も20年経つと柱は劣化し、プラスチックの屋根はひびが入り歴史の重みを感じる。県内でもこの位大きい叉木は珍しいと思う。
高さは6メートル50センチ、幅は6メートルもの巨大な叉木だ。
是非初詣は立石神社へお参りに来てください。
ギネスにも乗せたいくらいだ。
みんな体力と気力のある限り頑張って続けて行きたいと思っている。
若い力をこれから期待する。

来年の干支は己(つちのと)丑(うし)恵方は北北東で午前2時ごろが良いとされる。何かいいことがあるかも知れないよ。




posted by あさのこえ at 17:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。