2008年11月26日

岡部聖母幼稚園の園児みかん狩り

11月26日晴れ

午前10時 岡部町「きすみれ」横のふるさとみかん山で岡部聖母幼稚園児達のみかん狩りが行われた。
晴天の中、園児の喜ぶ声がする。小さな手でみかんをもぎ取り一人3個お昼のデザートと家へのおみやげ、みんな元気ではしゃいでいた。

ふるさとみかん山は町の田園空間整備事業で平成17年に整備され地域の持つ豊かな自然・農業の伝統文化を見直し美しい景観や伝統的な農業施設などを保全、地域全体をまるごと「田園空間博物館」としての空間と地域の人々がこの地域に誇りと魅力のある地域造りを目的に整備された場所である。

当時みかん山を自然な形に維持されてきたが、管理の面で樹木が枯れ平成20年に地域の有志「ふるさとみかん山の会」が新たに発足、25名の会員の力で、多種目24種類のみかんの苗木の植え付けをはじめ再整備された。
おかげで、今年は成木のみかんは豊作でおいしいみかんの収穫が出来そうだ。
是非見に来てください。    

みかん狩り・みかん作りに興味のある方募集してます。

               代表 萩原 毅代志 
               電話 054−667−0753

DSCF1312[1] DSCF1313[1] DSCF1314[1] DSCF1315[1] DSCF1338[1] DSCF1342[1] DSCF1346[1] DSCF1354[1]  




posted by あさのこえ at 23:20| 静岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

ガンバレ岡部町

ガンパレ岡部町

来る12月6日 第9回静岡県市町村対抗駅伝が静岡市で行われる。岡部町としては、来年1月1日藤枝市との合併で今年で最後の出場になる。町を上げての応援をする為、商店街を中心に、「がんばれ岡部町」の応援旗を掲げた。緑とオレンジの旗を道路沿いに掲げ、今年最後の岡部町の意地を見せてもらいたい。参加選手も最終調整に向け今日もトレーニングをつづけている。選手も目標に向かって頑張っている。町民も行政も明日の岡部町を藤枝市につなげ将来に向かって頑張ろう。

岡部商店1.JPG 岡部商店2.JPG 岡部商店4.JPG岡部商店3.JPG
posted by あさのこえ at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

岡部町観光協会の行方

11月10日
 岡部町観光協会第3回理事会が行われました。
 主なテーマは藤枝市との合併による観光協会の統合について

特に大きなテーマは会員の会費の違いをどう統一するかであった。
岡部町は会員が133会員内個人、事業会員は6割を占める。藤枝市は
250会員中、個人事業会員は4割弱である。岡部町は事業所も少なく多くが個人商店主の会員で組織されてきた。岡部町は主に玉露の里や歴史の館、柏屋、などの施設を中心に岡部町の文化や産業、歴史を中心に観光事業を行ってきた。特に朝比奈大龍勢や日本一の玉露は全国的にも有名である。
このような、観光事業を大勢の商店や個人の有志、少ない事業所で支えてきました。大いに感謝したいと思います。
これから、統合に向けて藤枝市には、岡部町の10倍の規模からして個人商店や、個人会員の拡大を図ると共に岡部町の方式のように誰もが参加しし易い会費、現行3,000円以上と言う会費が良いのではないかと思う。参加し易い会費でで多くの会員が地域の観光事業を支える仕組みが大切だと思います。これからは、厳しい経済の中、まちおこし、観光事業で地域活性化を図るには多くの人に会員になって戴き、みんなの力で地域を支えることが何より大切と思います。
多くの人のボランテアや協力を今後も期待します。
posted by あさのこえ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

高草山ハイキングにて

11月9日(日)曇り

 朝起きると、昨日の雨露が残り、曇りの天気で、肌寒い。
今日は、第四自治会主催の高草山ハイキングが予定されている。
今年で、自治会としては8回目を向かえ、恒例行事となっている。
8時30分集合で、各町内から呼びかけ、役員含め150名位だろうか。小学生や子供が非常に少ない。少子高齢化の影響か。心配になり聞くと、子ども会の行事が重なり、参加者が少ないとの事。ちょっぴりさびしい。昔は、子供が野山を元気でかけ遊んだ。子供が参加したくなるような、企画も必要だろう。是非来年はもっと多くの子供達に山の自然と楽しさを味あわせたい。山道を登ると、放置茶園や放置林が目立つ。これも農業の不振と後継者不足の影響か。作らなければ自然に戻してやりたい。放任ではなく根っこの張った落葉樹を増やし山を守ってやりたい。途中、三輪地区の農家の人達の農道清掃作業に出くわせ、「ご苦労さんです。」と声をかけ農道を守っていく姿に感謝する。
山頂に上ると曇りでも志太平野や駿河湾、富士山は見えなかったが遠くは御前崎まで一望に見えるパノラマの景色。来年は岡部町も藤枝市となり焼津市との境もわからない。高草山は志太平野をいつも一緒で見ている。共に栄え、発展を願っている事だろう。池の平らで昼食、三輪ふるさと会の好評なトン汁が寒さのせいで一層おいしく2杯もお代わをした。下りの途中で雨が降り始め、みんな急ぎ足になる。三輪公民館に着き本郷ふるさと会の4箇所のスタンプを全員がおし、婦人会の甘酒をいただき、体を温めた。達成賞は、三輪朝市グループの安心安全な野菜や果物をもらい皆さん喜んで解散した。今回もケガ人や迷子もなく無事終了。自治会役員や各種団体の皆さんご苦労さんでした。みんなの協力の基に大成功。来年は藤枝市民にもPRし多くの参加者を期待し、高草山の自然と魅力を味わってもらいたいと思いながら帰路に着く。

DSCF1262[1] DSCF1283[1]
DSCF1299[1] DSCF1294[1]
DSCF1306[1] DSCF1307[1]
DSCF1308[1] DSCF1309[1]
DSCF1310[2]



posted by あさのこえ at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

岡部町戦没者追悼式・慰霊祭に参加して

11月6日(木)
 今日は岡部町最後の戦没者追悼式と慰霊祭が行われる日です。
秋晴れのさわやかな陽射しの中、町民センターおかべへ向かう。
午前9時からの追悼式に花束を持ったご遺族の皆様方をはじめ町関係者来賓の方々がホールに多数詰め掛けていた。
私は戦後の昭和24年生まれで戦争は知らない子供たちである。しかし追悼式の遺族による謝辞では一歳の時父を戦死し戦後、母の手一つで育てられた、遺族の苦労と悲しみを切々に語る言葉では、多くの人が心に響いた事だろう。
戦後63年経った今、尚その悲惨な出来事はこの日に蘇る。
追悼式に引き続き仏教会主催の慰霊祭が行われた。
岡部町では392柱の御霊の前で。僧侶の読経が始まり、参加全員の想いを胸に焼香が始まった。人それぞれ想いが違うものの、今日の平和と繁栄が、戦争の尊い犠牲の上に成り立っている事に改めて感謝する事は誰もが共にする想いだろう。
総善寺導師のお礼の言葉の中で、靖国の御霊の遺言が語られた。
よく「寝た子を起すな」と言うが「寝た子を起せと」言いたいと前置きし戦地へ旅立つ前の死を覚悟の最後の手紙、それは国を思う以前に家族に宛てた切なる想いであつた。その想いを今も遺族は大切に心に刻んでいることだろう。過去の不幸な戦争の事実を戦争を知らない子供たちに風化することなくつなげて行くこそ平和と繁栄を約束する礎である。
私は改めてその責任の重さを感じた一日であつた。


DSCF1248[1] DSCF1254[1]
DSCF1259[1] DSCF1246[1]
posted by あさのこえ at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

瀬戸河川敷の凧揚げ見事復活大空に舞う

11月3日(文化の日)
 
  
今日は、文化の日各地でさまざまなイベントが行われました。
藤枝市では、はばたく静岡国文化祭プレフェステバル 
茶文化シンポジューム・茶会が行われ・お茶の町藤枝ならでわの
催しが各地で行われました。特に茶文化シンポジウムの会場では
お茶の文化やお茶を通してお茶の生み出す力や、豊かさ又、科学的
立証、将来性について基調講演講師を向かえ発表され改めてお茶の
価値を認識いたしました。
又、市内では東海道藤枝宿いきいきまつりが各商店街で開催され
特徴のある催し物が企画され、地域おこしのイベントが開催され
ました。

栄・川原町の「昭和ロマン凧あげ」・上伝間商店街の「まとい祭り」
千歳商店街の「若一王子市」・長楽寺商店街の「天神まつり」
白子商店街の「天狗まつり)・下伝馬商店街の「いきいきふれあいまつり」など地域が主体で地元の活性 化をみんなで支えるイベント  が行われ、藤枝市の元気を感じました。
 私は、妻と内孫を連れ親戚のある栄振興会の主催の「昭和ロマン凧あげ」会場にでかけ瀬戸川河川敷の大空に舞う凧上げを見て昭和のロマンの復活を感じました。孫はボップコーンをもらい山内屋の特製弁当と、池田屋の和菓子を買いおいしく頂きました。
我が岡部町も合併を目前に町おこしを、元気にやっています。
朝比奈大龍勢も見事成功し、「日本のまつり」に選ばれSBS放送の特集番組でも放映されました。
岡部町が合併して、良かったと言われるようこれからも、魅力のある地域として、共に発展を願う一日でした。

  DSCF1231[1] DSCF1242[1]
DSCF1233[1] DSCF1227.jpg
DSCF1225.jpg
posted by あさのこえ at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

「地方分権と道州制」シンポジューム

28日
財団法人静岡総合研究機構シンポジューム
静岡発「新しい地方のかたち〜地方分権改革と道州制の行方に参加して

午後 13時30分から17時15分  
場所 しずぎん「ユーファオニア」  

特別講演; 石川県知事 「道州制をめぐる動き」

問題提起; 静岡総合研究員の報告 /小泉圭之
      1.現在の道州制論議の背景と概要
      2.現在の道州制議論の問題点
      3.本日の論議の内容

基調講演; 村上 弘 (立命館大学法学部教授)

      1.視点と多少の理論;地方分権と道州制
      2.地方制度調査会答申による大型州(巨大州)モデルの
        特徴と問題点
      3.大型道州制への代替案;メニュー
      4.大型道州制への代替案;22州モデル 
      5.道州制をめぐる政治行政過程
      6.府県の対応戦略(提案);実証研究と代替案の策定
      7.おわりに
道州制推進派は「地域主権で中央集権と官僚制を打破する」な どと
夢を掲げる。しかし巨大化した州の官僚制(警察を含む)は市民・議会の統制が及びにくく州都が置かれない府県は自己決定権を失い州に中 央集権化されるいう不安もある。破壊されるのは内政分野での日本の 政策体制かもしれない。夢やトリックで決める問題ではなく具体的に 慎重に検討すべきことだ。
同じ立場の府県が共同し実証的根拠のある反論と(代替案)をアピー ルして少なくとも論議にバランスを与え地方自治と多極分散型の地域 構造を守ることが期待される。最後にマスコミと行政の方に道州制の 世論調査では、府県が廃止されることを明示していただき、大型道州 制と、中型道州制、大型州と府県の並存、広域連合、府県の維持・充 実スリム化という代替案をまとめて回答者に選んでもらう質問もぜひ 作ってください。・・・・と締めくくる。

パネルディスカツション

 静岡経済同友会副代表幹事 志田 洪顕 氏
 川根本町長        杉山 嘉英 氏
 静岡県副知事       花森 憲一 氏
 立命館大学法学部教授   村上 弘  氏
 (財)静岡総合研究機構理事長 武内 弘  氏
 (コーディネーター) 
 叶テ岡新聞社主筆      原田 誠治 氏

  討論の中で、
「三位一体改革で市町村合併が進み地方は手術を伴い痛みを負っているリハビリが必要だ。
改革は必要だが住民の立場に立って議論を重ねて欲しい」と
川根本町長の杉山氏の言葉が印象的だった。
これからも住民の目線で議論を重ねて行ってもらいたいものだ。


DSCF1196[1]
  
DSCF1200[1] 

         

      
posted by あさのこえ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

岡部町学校音楽会に行きました

25日(土)

今日は岡部小学校の音楽会です。午前8時30分に出かけると駐車場は満杯常態、校長室に行き校長に挨拶、9時の開演式を前に、体育館で子供達を父兄や家族が囲み我が子の演奏や合唱を人目見ようと、カメラやビデオを片手に開演を待っていました。
教育長の挨拶では、恒例のお土産(枝豆)を各学年の代表にプレゼント
なぜ枝豆か意味不明、教育長に聞くと丹波の黒豆だそうだ。
きっと、子供たちに豆になれということかと理解する。
各学年ごとの児童の演奏や合唱が始まり、会場もなごやんできた。
子供たちが司会進行を全てやり、これも教育の一環で、大切なことだ。
1年生は、まだあどけなく、かわいい、三輪保育園の園長先生も見えていて、成長した子供を見て感慨無量だろう。岡部町は自然環境に恵まれ
感性豊かな子供が多い。この環境をいつまでも大切にして行きたいものだ。子供は、社会の宝石だ。みんなで原石を磨いて育て輝かせたい。

世間では、少子高齢化が進み、日本の将来が危うい。先日も東京で妊婦の急患のたらいまわしにより母親が死亡する不幸な事件が起こった。
これも、産婦人科の医師不足の弊害である。政府や、自治体、大学病院はこのことを重く考え緊急に対策を取るべきだ。

安心して子供が生める社会、環境をつくり子育てを親や家族が責任持って育てそれを社会が支えていく仕組みが何より大切だと、子供たちの歌声を聞いていてつくづく思う。


DSCF1183[1]DSCF1185[1]DSCF1186[1]DSCF1191[1]

posted by あさのこえ at 17:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

朝比奈龍勢盛会のうちに終了

10月18日
さわやかな秋空の一日、コスモス畑の咲き乱れる田園風景の中
恒例の朝比奈大龍勢が盛会の内に開催された。
今日の為に地元龍勢保存会の皆様の半年前からの準備と地元の住民の皆様の協力、又町を上げての大勢のスタッフのおかげで今日の日を迎えた。
岡部町では、町最後の大龍勢と合って、町内外からの来賓を向かえ式典を午前11時30分より石川県知事、北村市長、国会議員 原田よしつぐ、県議山村としお、佐野あい子、落合しんごの3名と長野県飯綱町の遠山町長、藤枝市儀会議員、焼津市儀会議員、大井川町儀会議員の総勢70名余のご来賓の皆様を迎え盛会の内に執り行われた。
町長の、岡部町では今年で最後の大龍勢に向けてこの伝統ある県指定民俗文化財を、藤枝市にしっかり引き継ないで頂く、其の想いを秋空に向けて強くかたつた。
龍勢太鼓の響きわたる中、正午に「夢を乗せ、秋空に飛べ、美しく受け継がれ行く 朝一小の龍」の口上と共に第一号の龍勢が打ち上げられた。
見事に上がった大龍勢に朝一小の子供たちは一斉に歓声をあげ皆で万歳をした。この想いは、明日の子供たちに確かに受け継がれて行くことだろう。私たち地域住民は、その自覚と責任をこれからも持ち続け後世につないで行くことが大切だと思います。


朝比奈大龍勢 083.jpg朝比奈大龍勢 094.jpg朝比奈大龍勢 104.jpg朝比奈大龍勢 063.jpg朝比奈大龍勢 122.jpg






posted by あさのこえ at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

朝比奈龍勢会場コスモス満開です

奈大龍勢盛会に終わり
ただいまコスモスが見ごろです。


朝比奈大龍勢 008.jpg

朝比奈大龍勢 036.jpg

朝比奈大龍勢 028.jpg





posted by あさのこえ at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。